前へ
次へ

産後に行なう骨盤矯正

女性は妊娠してから出産を終えるまでに体型が大きく変わり、また出産のタイミングでは骨盤が開きます。骨盤の形が変わると内蔵の位置も移動したり筋力の低下など、周辺の部位に色々な影響を与えます。そしてそれらは腰痛やむくみといった症状として表れるようになります。骨盤は自然な状態でも時間が経つと閉じていきますが、生活する環境次第ではその流れがスムーズに進まないこともあります。そこで骨盤矯正を受けると、元の状態に近づけられる可能性が高くなります。土台となる骨にアプローチをかけていくため、正しい施術であれば高い効果が期待できます。産後の骨盤矯正を受ける際に気を付けるべきなのは、赤ちゃんをどうするかということです。安心して預けられる人が身近にいれば良いですが、そうでなければサポートしてくれるところで施術を受けるようにしましょう。簡易的な託児施設だったり、施術を受けているすぐそばで赤ちゃんを寝かせていられる環境を用意しているなど色々あります。

Page Top